2017/11/15

「第1回 関西-教育ITソリューション EXPO」にて、ハイラブル株式会社の出展サポートを実施いたします

株式会社スプラシア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原田 淳 以下「スプラシア」)は、2017年11月15日(水)~17日(金)開催の「第1回 関西-教育ITソリューション EXPO」に出展するハイラブル株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:水本 武志 以下「ハイラブル」)の出展サポートを実施いたします。

スプラシアでは、ITオフショア開発とイベントマーケティングを組み合わせたスタートアップ企業向けのサービス『One to Ten LAB』を提供しています。スタートアップ企業の事業プランの実現に向け、避けては通れない「サービス開発」と「販売/マーケティング」をパッケージで提供し、スタートアップ企業の“創る”から“売れる”までをサポートしています。
ハイラブルは、音環境分析を使ってより豊かなコミュニケーションを生み出すことをミッションに掲げ、2016年11月に設立されました。企業・学校など様々な場所で行われる議論の場において参加者の行動を定量的に分析・可視化するクラウドサービス「議論評価サービス」を提供しています。

今回、「One to Ten LAB」パートナーとして、大学や教育委員会、小・中・高校、塾・予備校、専門学校などへのビジネス拡大のために約300社が集う大規模展示会への出展サポートを実施します。展示会では、ハイラブルの音の分析技術を活用したアクティブラーニングにおける議論を定量評価する議論評価サービスのプレゼンテーションおよびデモンストレーションを行います。

■ ブース番号:8-23
■ 出展ゾーン名:教材・教育コンテンツ ゾーン
■ 国・地域:日本
■ 出展カテゴリー:アクティブラーニング用教材/教育用ソフト・アプリ/アクティブラーニング支援機器/EdTech
■ ソリューション内容:アクティブラーニングを効果的に実践

スプラシアは、新たなイノベーションを生み出すスタートアップ企業や大手企業の新事業の支援を通じ、新たなイノベーション創出に貢献してまいります。
新たなビジネス構築をご検討の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。