2018/02/14

これからフィンテック事業を始める方必見!
FinTed(フィンテッド)のご紹介

フィンテッドのキービジュアル

金融に強い技術スキームをオープン化した『FinTed(フィンテッド)』

スプラシアは、フィンテック分野に特化したプロジェクト型クラウドソーシング『FinTed(フィンテッド)』の提供を株式会社ソルクシーズと共に開始いたしました。
金融システムのエキスパートとして高い専門性と豊富な実績を持つソルクシーズの開発スキームを公開し、これからフィンテック事業をスタートされたい企業向けに開発支援いたします。
当サービスの特長や導入メリットを、詳しくご紹介させていただきます。

【ソルクシーズについて】
サービスを共同で提供しているソルクシーズは、システムインテグレーターの草分けとして設立以来、35年以上に渡って金融機関向けシステム開発を手掛けてきました。金融向け(証券・保険・銀行・クレジット)や通信向け、基盤系、組込系などに専門特化して、ノウハウと技術力を向上させつつプロの専門家集団としての実績を積み重ね、昨今では、自社開発したクラウドサービスの提供も開始し、得意分野を持つ総合的なソフトウェア開発企業です。

 

フィンテック領域においての、IT人材不足

ここ数年、フィンテック(Fintech)という言葉をみる機会が多くなりました。
一言でいうと、金融(Finance)とIT技術(technology)を組み合わせた言葉がフィンテックなのですが、いわゆるITを活用した金融サービスの事を指しています。国内でもクラウドやスマートフォンといった最新のITを活用して提供するフィンテック領域のサービスが増えており、スマートフォンでの決済や銀行口座と連携し資産管理ができるアプリなど、一度はご利用されたことがあるのではないでしょうか?
最近のトレンドとしては、ブロックチェーン技術などを中核に、金融機関やベンチャー企業において商用利用が加速しています。一方で、国内のITリソース不足が叫ばれている近年、フィンテックの領域においても金融に精通した開発者の確保が難しい課題も実情として出てきています。

 

FinTed(フィンテッド)でできること

そんな課題背景を踏まえ、『FinTed』では、フィンテック分野の技術サポートをお客様の専属パートナーとしてプロジェクト単位でご依頼いただける開発チームを幅広く揃えています。
サイト上の検索機能を使うことで、新たなサービスリリースを目指した技術検証やコンサルティングから開発・運用保守まで、お客様の要望・目的に応じて専門性の高い最適なプロジェクトチームを指定することが可能であり、得意とする業種や過去の提供実績からチーム見つけることができます。

 

採用コストをかけずに、計画的に予算をコントロール!

プロジェクト単位でのリソース提供となりますので、例えば初期開発のタイミング、スケールアップするタイミングにおいて必要なリソースを必要な時に必要なだけ確保していただけます。
また、オフショアやニアショアを活用した柔軟な開発形態によって、コスト面でも柔軟なご提案が可能です。

大規模案件もチーム単位で対応可能!

一般的なクラウドソーシングサービスでの個人委託では対応することができない高難度案件や、ある程度の開発規模・期間が必要となる案件に対応することが可能な点も、プロジェクト型クラウドソーシングサービスである『FinTed(フィンテッド)』の大きな特徴です。本サービスの運営については、これまでのB2B向けサービス運営実績が豊富なスプラシアがソルクシーズと共同で行うことで、B2B向けオンラインサービスの運営に必要なノウハウを活用した安心の運営体制を構築しています。

こんな方におすすめ!

・これからフィンテック事業を立ち上げたい方
・既に事業を始めているが、開発エンジニアを増やしてスケールアップされたい方
・金融サービスに精通した技術者を採用したい方

 

おわりに

新たなサービスの立ち上げには、フェーズごとに必要な体制や予算の振り分けが必要だと思います。
FinTedでは、モックアップ開発など、立ち上げフェーズからミニマムでの開発リソースの提供が可能です。
業界特有の課題に精通したメンバーがお応えしますので、まずはお気軽にご相談ください。

 
ニュース>スプラシアとソルクシーズ、FinTech分野に特化した プロジェクト型クラウドソーシングサービス『FinTed(フィンテッド)』の提供を開始

※フィンテックに特化したプロジェクト型クラウドソーシング『FinTed(フィンテッド)』サイトはこちら
FInTedロゴ